素敵なバイト💕

4E1EA1B3-765E-4650-8733-0C17AC0A6E7D.jpeg

今日は長女から嬉しい知らせを聞きました。

彼女は今春から大学生になりましたが、数週間のキャンパス通いの後、残念ながらコロナのクラスターが発生してしまい、今はリモート授業で自宅にいます。
そのお陰と言うべきか(笑)、毎日、私は長女とお昼ご飯を家で食べています。
そして本日のお昼時、娘が言いました。

「高校の部活の先生から連絡が来てね、『部活のコーチやってくれない?』って言われたの。
なんかお金くれるんだって!!❤❤」

えーーっ❤❤
すごーい!!いいじゃん!!

長女は6年間、ソフトテニス部に所属していました。
中1で入部した時は、高2の先輩以外は1人、2人しか先輩がおらず、この先どうなるのだろうかと思っていましたが、
長女の代が大人数で、ほぼそのままの人数で高2になりました。
1つ上の学年に部員がいなかったので、何がどうしたことか、高1と高2の2年間、長女は部長を任せてもらいました。

長女は決して人をリードしていくタイプではありませんが、調和することができるようでした。
中3までは、学年代表や副代表となった子たちの間でもめ事が絶えなかったようですが、ある意味、鈍感力の強い長女は、誰とでも話ができるようでした。
そんな中、どこでどうなったのか、突如として娘に部長としての白羽の矢が立ったのです。
結果、2年間部長を務め、友人たちからも「あなたが部長だったから、私たちは辞めないで来られたよ」と言ってもらったそうです。
時に涙するようなトラブルもなくはなかったですが、本当に友人たちに恵まれて、部長までさせてもらって、本当に本当に幸せだったとおもいます。

そんな中高時代を経て、今、大学生になったわけですが、更にまた「コーチ」の命を頂くとは!!❤❤
なんて娘は幸せ者なんでしょう!!!

本人も言ってましたが、バイト代とかお金ではなくてやりたいことだと思います。
たまたま、大学のサークルも人数制限で抽選落ちし、まだ何にも所属していなかったので、今回のお話は良きタイミングだったようです(^_-)-☆

私もこの話を聞いて、すっごく嬉しくなりました!
自分の青春時代も思い出します。
私はバトン部でした☆☆
私も部長でした☆☆

あー、本当に青春時代、たのしかったなぁ!!

長女も良き人生を歩んでいるようで良かった❤
母は嬉しいです!
《何度も言いますが、中学受験準備を始めた小4最初のテスト、長女は0点でしたからね!人生って不思議♪♪》

『幸せは自分のこころが決める』~相田みつを~ (本当にそうだよねー、としみじみ思う今日この頃です!)

この記事へのコメント